読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達におもちゃを貸さない2歳の娘に対する妻の言葉に目からうろこ

子育て

小さな子供がいる家庭、お友達を家に呼んで一緒に遊んでいる状況を想像してみて欲しい。

 

自分の子供がおもちゃで遊んでいる時に、お友達がその玩具で遊びたそうにこういう。

「かーしーて」

それに対して、自分の子供はこういうのだ。

「やだ。だってこれ私のだもん。」

 

このような状況に対して、親はどのように事態を収拾すべきか。俺は長らく頭を悩ませていた。

 

逆の立場だったら話は簡単だ。

自分のこどもがお友達のおもちゃを借りようとして、貸してくれなかった場合は、

「お友達がまだ使ってるみたいだから、後で貸してもらおうね。」(依頼タイミングの先延ばし)

もしくは、

「お友達がまだ使ってるみたいだから、こっちのおもちゃを貸してもらおうね。」(代替案の提示)

 などである。

あくまでおもちゃの所有権は相手方(お友達)にあるので、それを貸与してくれる自由はこちらにはないことは、納得感がある。

自分の子供にも、自由にならないことがあることを理解し、我慢することまなぶ良い機会にもなる。

 

しかし、やだと言っているのが自分の子供の時は難しい。

 

「お友達にかしてあげなさい。シェアして仲良く遊びなさい。」

のように言うのはどうか。

これだと、別の場面で逆の立場の時、相手方の所有権を優先した自由意志を尊重していたのに、なぜ自分の場合は我慢しなくてはならないのかという部分に疑問が残る。ダブルスタンダード甚だしい。

 

では、自分の子供にはそのまま遊ばせ、お友達に対して、

「ごめんね、今うちの子が使ってるから、もうちょっと待っててね。」

もしくは、

「ごめんね、今うちの子が使ってるから、別のおもちゃで遊んで。」

のように言うのはどうか。

この場合、逆の立場の時の裏返しなので所有者の自由意志を尊重するという親の立場に一貫性がある。

しかし、これは無制限におもちゃをお友達に貸さない自由を子供に与えることにもなり、家にある全てのおもちゃを貸さないという最悪の事態を許容することに繋がる。ホストとしては相手方の子供にも楽しく遊んで欲しい。

また、こういうときは我慢をしてでもお友達とシェアをすることを学んで欲しいという俺の意向にも反する。

 

それでは、この状態を収集するために、妻は何を言ったのか。

一部始終はこうだ。

 

友「かーしーて」

子「やだ。だってこれ私のだもん。」

妻「違うよ。うちにあるおもちゃは全部ママのもの。友ちゃんに貸せないなら、もうそれで遊んじゃだめ。ちゃんとシェアして。」

子「ぐぬぬ」 

  

エウレカ!なんということか!

すべてのうちにあるおもちゃは妻の所有物で、あくまで子供には使用権を与えていたのに過ぎなかったのだ!あのクリスマスプレゼントも、誕生日プレゼントも、すべて!

 

所有権が妻にある以上、誰に使わせるのかももちろん妻の意向に従う必要がある。

シェアしないことを理由に取り上げる自由も、もちろんあるのだ。これは子供的には不満はあるにしろ、納得感があり、親の立場に一貫性があり、シェアさせることもできる。

 

同様なお悩みをお持ちのご両親方々、ご参考にされたし。

 

余談だが、なかなかスマートな返しで感心した、今後参考にしようと思うという旨を伝えたところ。

「そんなに深く考えてないよ。うちにあるものは全部私のものだからそう言っただけ。もちろんそのMacbook Airも私のものよ。俺くんに貸してるだけ。」

 ぐぬぬ