トランプ大統領のTweetを解析してその結果を元に株式投資するボット(Trump2Cash)の概要

現米国大統領のトランプ氏はTwitterが大好き、特定企業に対して言及しては市場は右往左往している。
このトランプ大統領のTweetを逆手に取った投資システムをGoogleのソフトウェアエンジニアが作ったということで、話題になっている。

www.siliconbeat.com

システムのコンセプトはシンプルだ。

トランプ大統領のTwitter上での発言を常に監視。特定企業について発言した際に、その内容がポジティブなものであればロング(買い)、ネガティブなものであればショート(売り)する。

システムはPythonで記述されており、Google Compute Engine Instance上で動作する。Twitter Streaming APIによりトランプ大統領のTweet内容を取得、Tweet内容、及びどの企業に対しての発言かをGoogle's CloudNatual Language APIWikidata Queryで解析、その結果に応じて投資戦略を決めてTradeKing APIで実際の株取引を行っている。

製作者はこれで株を売買して儲けは寄付する予定とのこと。
肝心の運用成績について、Medium記事公開時は年間想定リターン59%だったようだが、2月10日現時点では9%まで下がっている。システムのパフォーマンスレポートは下記から確認できる。

trump2cash/benchmark.md at master · maxbbraun/trump2cash · GitHub

投資システムとしての性能を評価するにはまだ運用期間が短く時期尚早だが、現在も改善アイディアが活発に議論されており、今後の動向を見守りたい。

Issues · maxbbraun/trump2cash · GitHub

参考:

ソースコード
GitHub - maxbbraun/trump2cash: A stock trading bot powered by Trump tweets

製作者のMediumの記事

medium.com

製作者のTwitter

twitter.com

予測ボットTrump2Cashのアカウント

twitter.com